上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前の記事で、2センチくらいだと言っていた幼虫諸君ですが、ついに、500円玉サイズを越す大物になりました



太さは親指より太く、長さは推定5センチ以上になりました。

このサイズになってから気付いたのですが、よく見ると、が6本ありました(驚)

あの体型ならがいっぱいありそうなものだが・・・さすがは未来のかぶと虫だ

来年の夏が楽しみですね(*^_^*)
2010.09.16 糸トンボ
先日、家のなかに糸トンボが迷い込んできました。



細くて小さいトンボです。

大きさは百円玉より少し大きいくらいです。




このあと、外に逃がしてやりました。
かぶと虫とクワガタ(多分)の幼虫が孵りました。




上の写真は、かぶと虫と卵です。
結構弾力性有りです。

これは幼虫。2センチくらいあります。最初に見つけた時は内心ビビりました(爆)




かぶと虫と一緒に暮らしているコクワガタ君。




かぶと虫の半分強くらいの大きさです。

幼虫と卵は、別の入れ物に湿らせた「くぬぎマット」を少し敷き、その中に朽ち木と腐葉土、そして幼虫と卵をそれぞれ少し離れた場所に入れます。
(幼虫同士でケンカするらしいです)

それらが終わったら、霧吹きで表面を湿らせます。
(かぶと虫やクワガタ、幼虫に卵は乾燥に弱いそうです。)

※因みにかぶと虫は2週間後、クワガタは2~3ヶ月後に孵化するそうです。

乾燥しないように注意しながら、時々、幼虫のフンを取り除いたり、くぬぎマットや腐葉土や朽ち木が減ってきたりしたら補充してください。

最後に、サナギになったら触らないでそっとしておきましょう。

成虫になったとき、角が歪む事があるらしいです



近所の石垣に蛇(毒無し)がのびてました・・・(怖)

流石の蛇さんもあまりにも暑いのか、雀が近くにいても食べようともしませんでした(>_<)

携帯のカメラを近付けても、ジロッと睨むだけでした。

夕方になるまでその場にいましたが、知らない間に何処かに消えていました。

近くの川岸に帰ったのだろうか・・・。
2010.07.31 ・・・。
いきなりですが、マメルリハインコのルリオさんが亡くなりました。

数日前から鼻水が出る等、様子がおかしく、今日、空き時間を作って医者に行ってきました。

医者に、歳を聞かれ、うちに来て10年(うちに来たときには既に成鳥だった)だと答えると、歳だからどうなるかわからないけど、と言って注射と抗生物質の飲み薬をくれた。

そして、家に帰っている最中、「ガタン!」と音を立てて転がり、そのまま亡くなりました。

鳥は悪くなっても元気を装うので、気付いた時には遅い事があるのは重々承知していたのだが・・・。

ルリオさん、ルリコと会える事を祈ります。

合掌。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。