上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かぶと虫とクワガタ(多分)の幼虫が孵りました。




上の写真は、かぶと虫と卵です。
結構弾力性有りです。

これは幼虫。2センチくらいあります。最初に見つけた時は内心ビビりました(爆)




かぶと虫と一緒に暮らしているコクワガタ君。




かぶと虫の半分強くらいの大きさです。

幼虫と卵は、別の入れ物に湿らせた「くぬぎマット」を少し敷き、その中に朽ち木と腐葉土、そして幼虫と卵をそれぞれ少し離れた場所に入れます。
(幼虫同士でケンカするらしいです)

それらが終わったら、霧吹きで表面を湿らせます。
(かぶと虫やクワガタ、幼虫に卵は乾燥に弱いそうです。)

※因みにかぶと虫は2週間後、クワガタは2~3ヶ月後に孵化するそうです。

乾燥しないように注意しながら、時々、幼虫のフンを取り除いたり、くぬぎマットや腐葉土や朽ち木が減ってきたりしたら補充してください。

最後に、サナギになったら触らないでそっとしておきましょう。

成虫になったとき、角が歪む事があるらしいです
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tsuredure743.blog89.fc2.com/tb.php/65-1d719231
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。