上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これまた片付けの際に引っ張り出してきました。




彼らは、1999年に日本の童話シリーズ第1弾として登場しました。

小道具や、人形の造形も凝っています。







猿と雉がセットに入ってないのが残念ですね。 

果たしてたった2匹(?)で鬼達に勝てるのか?

・・・まぁ、桃太郎が熊だからいいか(爆)(;^_^A


トンデモ童話「桃太郎」




桃太郎:う~ん、とりあえず猿が仲間になってくれたけれど、あともう一匹くらい味方が欲しいなぁ・・・。
犬:そうだねぇ。なるべく強いのがいいね。童話では雉が仲間になってくれるんだけど・・・。




猿と犬:おっ、向こうに何かいるぞ?
どうやら鳥のようだが・・・。
桃太郎:この際味方になってくれれば何でもいいや!
お~い、そこの丹頂鶴さ~ん。
僕らと一緒に鬼退治に行きませんか~?






俺は大鷲!


大鷲の健:誰が丹頂鶴だっ!
だいたい熊五郎のクセに鬼退治とは何事なんだ!!説明しろ!!



桃太郎:僕、桃太郎なんですけど

大鷲の健:どっちにしろおんなじだっ!熊五郎!!

桃太郎:だ~か~ら~・・・(以下略)

さて、桃太郎は無事に鬼退治に行けるのでしょうか? 果たして、鬼ヶ島はどんな所なのか?

続きは皆様の想像にお任せします・・・。
(鬼ヶ島がいつもネタにしている某本拠地でない事を祈ります(爆))
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tsuredure743.blog89.fc2.com/tb.php/48-b73d8191
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。